Posts

今後の予定:2021年度 関西大会

  2021年度関西大会は、オンライン開催となります。大会参加のためのURLは、11月月1日に別途メールにてご連絡いたします(非会員で聴講を希望される方は10月末までに事務局までお問合せください)。 問い合わせ先:関西支部事務局 川島伸博 hibunkansai の後、アットマークを付けてgmail.comと続けてください。 日本比較文学会第57回関西大会プログラム 開催日時 2021年11月13日(土) 会  場 関西学院大学(遠隔開催:URLは11月1日に送信予定)  13:30-13:40   【開会】A室 開会の辞: 稲賀繁美(支部長) 13:40-15:00   【研究発表】(発表25分、質疑応答10分、休憩5分) 【A室】  A-1.(13:40-14:20)    司会: 山中 由里子 (国立民族学博物館) 戦後『聊斎志異』の日本翻案とその変化 -伴野朗の『幽霊-私本聊斎志異』「黄英」を中心とする- 陳 潮涯 (大阪大学・招聘研究員)  A-2.(14:20-15:00)    司会: 山中 由里子 (国立民族学博物館) 高島北海『写山要訣』の中国受容:傅抱石の翻訳・紹介を中心に 陳 藝婕 (国際日本文化研究センター) 【B室】  B-1.(13:40-14:20)    司会: 佐伯 順子 (同志社大学) 中国のヤオイ愛好者における物語消費の仕方:関係性消費を中心に 銭 蕾(大阪大学・修了) B-2.(14:20-15:00)    司会: 佐伯 順子 (同志社大学) 『ゴジラ 』(1954) と『Godzilla』 (2014) ―自然と核兵器の2つの顔を持つ怪獣表象の変容― 池田 淑子 (立命館大学)       15:00-17:30   【シンポジウム】A室 パンデミックの時代における恐怖、孤独、そして連帯            ―― デフォー、ボードレール、カミュ パネリスト  仙葉 豊(大阪大学名誉教授)        三野博司(奈良女子大学名誉教授・国際カミュ学会副会長) (兼司会)    北村 卓(大阪大学名誉教授) 17:30-18:00    【関西大会総会】A室  司会:川島伸博(事務局) 18:00-18:10    【閉会】A室   開会の辞:稲賀繁美(支部長)    ======

支部大会報告

■2020年度関西支部大会(56回) 開催日時:2020年11月28日(土) 会場:同志社大学(遠隔開催) 13:00     【開会】A室 開会の辞: 中川成美(支部長) 13:10-15:10   【研究発表】(発表25分、質疑応答10分、休憩5分) 【A室】  1.  現代日本ファンタジーにおけるボルヘス『幻獣辞典』の影響に関して ベスチアリィ(動物寓意譚)の文化移転を巡る事例研究 発表:ESCANDE Jessy(大阪大学・院生) 司会:中川成美(立命館大学教授)  2. 1910〜30年代の日本と中国におけるフランス文学翻訳の比較研究——異化・同化の視点から—— 発表:劉丹(神戸大学・院生) 司会:北村卓(大阪大学名誉教授) 3. 日本文学に描かれた「不逞鮮人」 ――中西伊之助「不逞鮮人」と田宮虎彦「朝鮮ダリヤ」を中心に 発表:原佑介(立命館大学) 司会:中直一(大阪大学名誉教授) 【B室】  1. 中国におけるヤオイ愛好者から見た中国歴史上男性同士の逸聞:『汉武韩嫣』を例に 発表:銭 蕾(大阪大学・院生) 司会: 佐伯順子(同志社大学) 2. タイ文学における『蝶々夫人』の軌跡―20世紀初期のタイ王族資料に見る国際結婚観― 発表:BOONSERM Sirada (広島大学・院生) 司会: 平松秀樹 (京都大学) 3.『ユーマ』における誘惑される「女中」――『アンディアナ』を補助線として 発表:大野藍梨(立命館大学客員協力研究員) 司会: 岩津航 (金沢大学)      15:10-17:30   【シンポジウム】A室 戦後若者たちの「アメリカ」――ジャズ、フォーク、ファッション 講師 川島 健(同志社大学) 講師 鈴木 正美(新潟大学)  講師 瀬崎 圭二(同志社大学)  17:30-18:00     【関西支部大会総会】A室 司会:川島伸博(事務局) 18:00-18:10     【閉会】A室 開会の辞:中川成美(支部長) ■2019年度関西支部大会(55回)中部支部と合同開催 日時: 2019 年 12 月 7 日(土) 会場:愛知淑徳大学星が丘キャンパス  1 号館 3B/3C/3D 大会進行: 若松 伸哉(愛知県立大学) 開会の辞: 平林 美都子(愛知淑徳大学)  1 3 C   午後 1 時~ 1 時 10 分 研究

支部例会報告

《2021年度9月例会》 日 時:2021年9月25日(土) 14:00〜17:00 会 場:遠隔開催 【シンポジウム】松村昌家先生追悼シンポジウム 比較文学研究の拡張と刷新—松村昌家先生追悼記念シンポジウム 司会 森 道子(大手前大学名誉教授) 講師 井上 健(東京大学名誉教授)    新野 緑(神戸市外国語大学教授)    橋本順光(大阪大学教授) 《 2021 年度7月例会》 日 時:2021年7月17日(土) 14:00〜17:00 会 場:遠隔開催 【シンポジウム】シェイクスピアを超える漱石 川島伸博 :シェイクスピア崇拝という名のエピデミック 芦津かおり:漱石の股倉のぞきー『オセロー』から『行人』へ 佐々木英昭:"悪人"文学の"自然"化                  ──『オセロー』『リチャード三世』etc.から『心』へ── 《 2021 年度4月例会》 日時:2021年4月24日 会場:ZOOMで遠隔開催 書評会:吉田大輔「幸田露伴「御手製未来記」(1911)における商業アイディア          ――その文化史的‧産業史的意義の一端について――」 コメンテーター:澤西祐典 シンポ:「アイルランド・日本国交成立65年記念論集CROSSINGSプロジェクトについて」 発表者:藤澤博康「日夏耿之介が芥川に贈った「マリアの本」とその未刊行翻訳原稿について」      鈴木暁世「近代日本における「ケルト」表象の問題                          ―ラフカディオ・ハーンと「国民性」をめぐって―」  《2020年度1月例会》 日 時:2021年1月23日(土) 14:00〜17:00 会 場:遠隔開催 【シンポジウム】 「多言語使用の比較文学 ペルシア語・スワヒリ語・イディッシュ語から見る翻訳の諸相」 司会:田中壮泰(立命館大学講師) 発表者: 木下実紀(大阪大学・院生) 小野田風子(日本学術振興会特別研究員PD) 田中壮泰 (立命館大学講師)  コメント役: 福田義昭(大阪大学)・大野藍梨(立命館大学客員協力研究員)・大東和重(関西学院大学) 《 2020 年度9月例会》 中止 《 2020 年度7月例会》 中止 《 2020 年度4月例会》 中止   《 2019 年度1月例会》 日 時: 20